パートという仕事は補助的な内容が多いです。

パートの給料は魅力的です

パートという働き方にはメリットがある

パートという仕事は補助的な内容が多いです。そのため、必要な時間帯や繁忙期に募集がかかることが多いです。そして、主婦など時間が限られている人にはメリットがあります。基本的にフルタイムではなく、1日3時間や週に20時間以下になっていることが多いです。もちろん、1日3時間以上働くことも可能ですが、パートのメリットが少しなくなります。実は、パートの場合扶養控除を受けながら仕事が出来るのですが、年間103万円以上働くと扶養控除が受けられなくなります。そうなると、今まで控除を受けていた人にはデメリットになります。そして、扶養控除以外にも社会保険が係わってきます。社会保険に関しては、年収130万円以下ならば国民年金の保険料を払わなくてもいいのですが、130万円を超えると払わなければならないことになっています。

そのため、微妙に超えるような状態ならばデメリットがあります。しかし、扶養控除を受ける必要がない人や健康保険に加入したい人にとってはメリットが大きいです。そして、企業としては健康保険などは折半になるのでできれば抑えたいと考えていることが多いので、その点は要相談になります。そして、仕事内容も豊富になっていて、事務スタッフや自分で働く時間を選べる仕事が人気になっています。基本的に、交通費が出ないので、その点も考えて近いところがいいという人が多いです。